【お仕事】時短勤務でツラかったこと→正社員時短勤務から離れてからの反省会

OLや事務員としてお仕事をしている人の中には、

育休から明けて時短勤務で働いているママも

いるかと思います。

今回は時短勤務ママが効率的にお仕事をしていく方法を

お話していきたいと思います(^^)

何と言ってもこの梨田、

公務員の時に1年育休→復帰後2年間時短勤務

を経験しており、

時短勤務は時短勤務でキツかった経験と、

そこでこうしてたら気持ちが保てたかな、とか、

今でも時折考えることがあるからです。

今、働き方に悩んでいるママや

もうすぐ育休から職場復帰するママさん、

もしよろしければご覧になっていってください。

時短勤務がツラかった理由…

【原因1】適切な仕事量が与えられない

これは会社側が時短勤務を意識し過ぎて

仕事の量を極端に減らされて暇な時間が

出来てしまうことです。

(梨田がこれでした)

男性が多い職場や、時短勤務の実績が

少ない職場では、こういう現象が起こりがちです。

業務が始まり前半はメールの確認や書類の見直しなどで

なんとか時間を潰せたのですが、

そこから新規の書類や業務が来るまでは

上司からの指示がない限りボーっと

PCドライブの中を巡る時間があり、

とても不毛な時間を過ごしていました。

逆に、

同じ時期に育休から明けて職場復帰した元同僚で

残業や土日祝日にまたぐ業務を求められるケースもあり、

これもまた適切な仕事量ではないかなと感じます。

ここからの教訓としては、

職場復帰の際、そして一定期間時短勤務で

働いた後に、上司と仕事量について打合せを

行えば無駄な時間を過ごすことはなかった、

ということ。

職場復帰前は、育児と仕事の両立がどんなものか

予想が出来ない状況なので、仕事の配分について

しっかりと話し合えなかったという

実態がありました。

其の為、せめて一定期間働いて、その後に

今後の仕事について相談出来ていれば、

思い詰めることはなかったのかなと感じました。

【原因2】相談相手がいなかった

当時の職場環境は、この不毛な時間をどうすれば

いいのかという相談をする相手がいませんでした。

周りは基本忙しく、

梨田は基本後から来て先に帰るという

タイムスケジュールだったので、プライベートで

関わることもなかったためでした。

先ほど、同じ時期に職場復帰した元同僚は、

働く地域も違えば生活環境も全然違う状況

だったため、お互いあまり干渉し合うことが

ありませんでした。

自分だけ働く条件が周りと違っていたことから

更に孤独に感じてしまったのかもしれません。

私がいてもいなくてもこの業務は全然回る。

だったらここで働いていなくても良いのではないか

とまで思い詰められました。

この、大きな2要因によって、時短勤務2年で

公務員を退職することにしたんですね。

その他、転勤族で母子2人での引っ越しを

伴う転勤や、子どもの学校問題が出た時に、

どちらにしても対応出来ないなと感じていたので、

転職するなら早いほうがいい考えもあったので、

公務員を辞めたことについては

全然後悔はなかったのですが。

ただ、この期間が終わって感じたことは

周りと働く条件が違っているのは子育てをしている人と

していない人では当たり前だし、時短勤務という制度を

国が定めているのだから、堂々と時短勤務を

活用してよかった。自分には自分の役割がある、

と、ちゃんと認識すべきだったということ。

フルタイムで働いて、仕事量を通常にして、

そこで子どもが熱を出して休まなければ

ならなくなった場合の損失と、時短で働いて

子どもの体調を崩さないよう配慮しつつ

他の人のサポートとして働き、それでも

万が一休まなければならなくなった場合の損失では、

全然違います。

そして周りも、時短勤務で働いている限り

この人は全力で働けない状況だということが

分かっているので、あまり気にすることも

ないのかな、という。

それでも迷惑がる人は一定数いるので、

それは仕方ないのでスルーでいいです。

ただ、時短勤務制度にあぐらをかいて

「私、時短なんで!」とちょっとした

協力なども拒否するような対応は、

普通に感じが悪くなってしまうので、淡々と、

謙虚に働くのが一番かなと思います。

まとめ

今回は私の体験談をお話させていただきました。

今思い悩んでいる人、これからが不安だ、

という育休ママ、

色んな状況の人がいると思いますが、

今回のお話で少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました