【日常家事】面倒な食器洗いを効率よくする方法→今できること5選

毎日生活をしているとどうしても発生する家事の一つに「食器洗い」がありますよね。

今回は食器洗いを効率化するための5選をご紹介したいと思います。食洗機のあるご家庭もありますが、この一工夫で洗い残しも減ると思いますので、是非ご一読していってください!

※【始めに】効率的→手順が減るというわけではない

残念ながら、

食器を流しに下げる、食器を洗う、食器の水気を拭きとる、食器棚に片付ける、という手順が省かれるわけではありません。

💡食器乾燥ラック=食器棚としている人にとっては、食器の水気を拭き取ることと食器を片付ける行程は省略されています。

流しに置けば自動的に片付けまでしてくれるお役立ちツールが出来れば全人類の味方になってくれると思うんですけど、まだまだ実現するには時間がかかるかもしれませんね…。

逐次洗いをしていく

食べて間を置かず、食器を重ねず逐次洗っていくことにより、食器の乾燥や油の固まりを防ぎ作業効率が上がります。

特にご飯は乾燥すると水に浸すという手間と時間が発生し、乾燥した状態で強行的に洗うと、流す際にぬめりとなって残っている場合があります。

其の為、食器洗いをスピード感を持って実施すると余計な手間がかからず流れるように家事が行えるということになります。

食器をスクレイピング(予め大きな汚れをこそぎ落としておく)

食事後に残った残りかすやソース、あんかけ類など、キッチンペーパーや新聞紙で大まかにこそぎ落とすことで、多量の水を使って油やソースを洗い流す必要はなく、直に洗ってスポンジを汚したり、多量の洗剤を使うという事態にもならず、安定的に作業が進みます。

適量の洗剤の使用

一度に多量の洗剤の使用は、洗い流しづらくなってきます。

其の為、適度な洗剤の使用と、泡立ちが悪くなってきた際には少量ずつの追加をすることで、洗剤のつけ過ぎ、洗い残しの防止になります。

それでも、ラードなどの動物性油は結構厄介💦

洗い残しになりやすいため、何度もスポンジでくるくると食器や調理器具を洗います。

効率的な順序

例えば、

・グラスなどの小さいものから洗い、鍋やフライパンなどは最後の方に洗う(又はその逆)

 洗剤での泡洗いを全て終えてからの場合、一つ一つ洗って流してを繰り返す場合で

 洗う大きさの順は変わってくるので、自分のやり方に合った順番で試してみて下さい。

・油気の少ないものから油気の多いものの順に洗う

 油気がないものは軽く泡洗いをするだけでも汚れがキレイに落ちるので、油気のない順に洗っていくと泡のヘタリも急激に出ること無くスピーディーに洗っていけます。

スポンジの絞り具合の調整

スポンジなどは、泡立たせる際に水気を絞りすぎても水気が多すぎても泡立ちは悪くなります。

始めに泡立たせる際は、乾燥しているスポンジならば洗剤を垂らした後、少量の水を加えながら泡立たせて行くと、キメの細かめの破れにくい泡が出来るためおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

日頃の家事はどうしても避けて通れないもの。

せめて快適に家事を行うために、今回紹介した方法を組み合わせて、是非試してみた下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました