甥っ子6歳を誘ってポケカバトルを始めてみたら→意外と教育にいいんじゃない?と感じた。

こんにちは、梨田モモコです。

世界的にも大人気のポケットモンスター。

最近ではポケモンGOやポケモンスリープなどのアプリも出ている中、やはり地位が揺るがないのが、ポケモンカード。

今回は6歳の甥っ子と始めた

ポケモンカードバトルについて

語っていきたいと思います🌟

目次

  • なぜポケモンカードバトルをしようと思ったのか
  • 実際にやってみてどうだったか
  • まとめーゲームを通して良い教育になる

・何故30代になってポケモンカードバトルをしようと思った?

 現在大体30歳の梨田ですが、

小さい頃に出来なかった事を、やってみたかったという

思いが消えない内にやっておきたかったからです!

小学生当時は遊戯王カードは集めていましたが、

ルールを知らないからとりあえず攻撃して

守備をして、攻撃して…と、単純なことしか出来なかったんです。

効果のカードなど何がなんだか分からず

とりあえずキラカード持っておこう!程度でした。

そして、遊戯王に関しては、未だに

何枚のカードデッキでバトル開始するのか

分かっていないという…。

そんなわけで、甥っ子が5歳になる頃に、

ポケモンなら興味をもってくれるであろうと

「ポケモンカードバトルしない?」

と、そこそこの頻度で大体1年位勧誘し続け、

6際になる頃に「いいよ」と承諾が下りたので

中古屋で適当に見繕ってデッキを作り、

カードゲームをスタートさせることが出来ました。

・実際にやってみてどうだったか

 これについては、最初はYouTubeでルールを学んで、

バトル動画を甥っ子と二人で何度も見て勉強はしましたが

実際にやってみると全然バトルにならない。

サポートやグッズの助っ人カードも

うまく使えない、特殊状態になったらどうするべきか

全然分からない。甥っ子と梨田は当初

喧嘩をしながらゲームをしていました。

ゲームをしては、動画を見る。

特性の使い方、いかにポケモンを気絶させないように

ポケモン入れ替えをしてバトルを引き伸ばすか…。

何度も何度もバトルをして、数ヶ月。

なんと梨田はVやEXカードがなくても

甥っ子に勝てるようになってきました。(大人げない)

今はハンデをキツくしている為、

甥っ子が勝つことも多いのですが、

負けるとかなり悔しく、つい八つ当たりをしてしまいます。

ポケモンが強いだけでは勝てない

強いポケモンはその分リスクを伴うものもある

決められた60枚でどう有利にバトルを進めるか

考えれば考えるほど奥が深い。

カードバトルをするまでは、遊びなのに

カードに熱狂している大人たち恥ずかしいよね、

なんて思ったこともありましたが、これは普通にハマる。

6才児に勝ったり負けたりする程度の腕ですが。

そうこうしているうちに4歳の娘あーちゃんも

バトルをしたいと言い出し、

梨田の膝に座らせながらバトルを見てもらっていたら、

なんと一人でも甥っ子とバトルが出来るように。

(未だ甥っ子に勝ててはいませんが)

まとめ

ポケモンカードバトルについて。

当初は梨田といういい大人の我が儘で

始まったことでした。

実際始めてみると、

甥っ子はダメージや回復を通して

足し算引き算を覚えることが出来、

娘はカードの読み上げと

内容によってカードをいかに動かすかを

理解できてきている。(算数はまだ苦手)

このことから、

遊びの中で学び、

学んだことを実際に使うという

インプットとアウトプットを活用出来ており、

楽しみながらかなりよい教育になっています。

覚えるまでは辛抱しなければいけないこともありますが

ゲームを通して、教育にもなるしよい成長を見届けることも出来るので

おすすめですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました